GS Astuto(ジー・エス・アストゥート)




頑なに守り続けるクラフツマンのプライド。いち早く取り入れる最先端技術。


GS Astutoというブランド名に馴染みのない方も多いのではないでしょうか。それもそのはず。まだ設立5年目の新興ブランドであり、創業者&オーナーであるアメリカ人エンジニアのTim Smith氏の手で1本1本組み上げるため、生産本数が限られているのです。しかし、その性能そして品質は疑いなく本物。

業界最高峰の技術力を誇る製造元で行われる開発やテスト、そして製造工程のすべてで、Smith氏の的確な指示と厳しいチェックの目が行き渡っています。

たとえばカーボン繊維。東レの国産炭素繊維を採用し、シートへの編み込みから金型へのレイアップまでSmith氏が監修しています。たとえばアルミリムブレーキ面のセラミックコーティング処理。業界最先端の技術をいち早く国内に持ち込み、製品化しています(Continental Blackアルミホイール)。

ホイールは神奈川県川崎市にあるワークショップで、Smith氏自身によってハンドビルドされます。使用されるスポークやニップル、オイル類も長年の経験と最新テクノロジーに関する深い知識をもとに厳選されたものばかり。

そして、世界中のあらゆるメーカーとの強いコネクションとパーツ供給ルートの最適化によって実現した低価格。

ドイツP&K Lie社の高精度振れ取り台で
ホイールの仕上げを行うSmith氏。

メジャーブランド製品をも凌駕する品質を、より多くの皆様へ届けたいという想いを込めた価格設定となっています。



アフターケアも万全。メンテナンスやリペアはすべて国内で対応。


競技サイクリスト歴40年、エンジニア歴30年超のSmith氏。サイクリングの全てを知り尽くした男が国内でサービスを提供します。あなたが思い描くどんなホイールも、Smith氏はこれまでに何度も組んでいることでしょう。GS Astutoリムにパワータップを組み込んだホイールでは、スポークやニップル、スポーク本数も選択可能。自分のスタイルにマッチした1本をオーダーメイドできます。

購入後のサービスもSmith氏が迅速に対応します。すべてのGS Astuto製ホイールには生涯振れ取りサービスが附帯しますので、いつまでも安心してご愛用いただけます。




ブランドFAQ


GS Astutoってあまり聞かない名前だけど、どんなブランドなの?

GS Astutoは2010年に東京で生まれたホイールブランドで、創業者でありベテランエンジニアのアメリカ人ホイールビルダー、Tim Smith氏がリム設計からパーツチョイス、組み立てまでを手掛けています。ショップは神奈川県川崎市にあり、赤坂にはパワータップ完備の会員制トレーニングスタジオも構えています。

価格からするとミドルグレードのホイールと思っていいの?

いえ、GS Astuto製ホイールは業界トップレベルの性能・品質をできる限り安く、ひとりでも多くのサイクリストに愛用していただきたいというSmith氏の想いから、流通コストのムダを徹底的に省き、一般販売価格を他社のミドルグレードにあたる価格帯まで落としています。しかし、性能と耐久性は折り紙つきです。

プロやトップレベルのアマチュアにも十分な品質ってこと?

はい。実際、プロ・アマを問わず、国内外の多くのサイクリストによる使用実績があります。

2013年には日本人チームとして初のオートルートに挑んだチーム・トーゲが完走を果たし、2014年のオートルートでは個人総合優勝者Peter Pouly(Team Singha Infinite)のアシストを務めたVincent Angや、TTステージ表彰台&総合21位のStefano GiordanoらがGS Astuto製ホイールでアルプスを駆け抜けました。

また、Smith氏はRapha Continental Asiaの公式ホイールビルダーも務めており、アジア各地のレースやイベントでGS Astutoのホイールが活躍しています。

国内ロードでは2014 Jフェミニンツアーを制した智野真央選手をはじめとしたニールプライド・メンズクラブのメンバーが、シクロクロスでは関西シクロクロス2011〜12年シーズンの王者である辻善光選手をはじめ、複数のC1選手が愛用しています。

今年のアイアンマン世界選手権や日本トライアスロン選手権など、トライアスロンのトップシーンでも、GS Astuto製ホイールを使用するトライアスリートが増えてきています。

辻善光選手(Team Zenko)がシクロクロスで愛用する
ファットフィフティCX





新製品『ファットフィフティ』のモニター大募集!


パワータップ完組ホイール『ファットフィフティ』を半額で手に入れるチャンス!
GS仕様のモニターを2名募集します!



製品インプレ記事投稿でなんとファットフィフティが半額に!


この度、新発売となりましたパワータップ完組ホイール『ファットフィフティ』を50% OFFで購入し、ブログやSNSで詳細な使用感を発表していただける方を募集いたします。応募期間は3月27日(金)20時まで締め切り済み、モニター期間は2015年6月30日までとなります。

たくさんのご応募をお待ちしています!




■ モニター募集要項

対象製品
販売価格
モニター人数

 ・ファットフィフティ・ロードGS: ¥275,000 ⇒ ¥137,500 2名

モニター期間

 2015年4月〜6月の3カ月間

応募方法

 当ページ下の応募フォームより必要事項を入力のうえ、送信してください。
 応募締切: 締め切りました。

応募資格

 ご応募時点で以下の条件すべてを満たしている方。
  ・成人の方
  ・競技サイクリストであり、定期的にレースに参加している方
  ・閲覧数の多いFacebookまたはブログアカウントを持っている方
  ・製品の仕様や性能を客観的に把握し、上記メディア上で詳細な記事を書くことができる方
  ・その他、製品ご提供前にご確認いただくモニター契約の条項に従っていただける方。

モニター
活動内容

 上記モニター期間中にホイールをご使用いただき、詳細な製品レポートを3本、ご自身のブログ
 またはFacebookで発表してください。発表は4月末までにに1本目、5月末までに2本目、
 6月末までに3本目を投稿してください。1本あたりの文字数は2,000文字以上とし、
 画像も積極的にご掲載ください。

選考基準
および
連絡方法

 ご提出いただいた情報(ブログアクセス数、Facebook友達数、自転車歴など)を基にモニターに
 なっていただく方を選出させていただきます。選出された方には追って弊社よりご連絡を
 差し上げます。




■GS Astuto『ファットフィフティ』モニター応募フォーム