332シリーズ カスタムフィットカーボン熱成形手順


”LAKEカスタムフィットカーボン熱成形手順(332シリーズ)”


CX332、MX332ならびにMX332 SuperCrossのアッパーヒール部には、ユーザー自身でかかとに合わせて熱成形可能な『LAKEカスタムフィットカーボン(Custom Fit Carbon = CFC)ヒールカウンター』が仕込まれています。シューズは熱成形をしなくてもご使用いただけますが、熱成形を実施することでかかとのホールド感が向上します。

CFCヒールカウンターは摂氏90度で4分間熱することで、足のかかとに合わせて再成形することが可能となっています。

ヒール成形にかかる時間はオーブン予熱5〜10分、シューズ加熱4分、成形1分、冷却&硬化10〜15分で合計20〜30分になります。また、成形プロセスは連続で5回まで繰り返すことが可能ですので、一回目で完璧なフィットが得られなくとも、微調整を通して最終的に自分の足にピッタリのシューズに仕上げることができます。

かかとを確実にホールドすることにより生まれるペダリング時の安定感とパワー伝達性は、サイクリングシューズにおいて最も重要な要素です。これまでヒールスリップに悩まされたことがある方には特に、LAKEのCFCヒールカウンターを強くお勧めします。




■用意するもの

► LAKE CX332、MX332またはMX332 SuperCross

► ペダルクリート:

ローラー台に設置した自転車に乗車し、クリップインした状態で成形する場合に必要です。椅子に座って成形する場合はクリートは不要です。

► サイクリングソックス

► オーブン
(レンタル有り):

CFCヒールカウンターの熱成形にはコンベクション(熱風循環式、対流式)オーブンで、摂氏90度に温度設定できるものが必要です。シューズお届け時に限り、オーブンのレンタル(1000円、ご返送送料はお客様ご負担)もございます。また、レンタルオーブンと同じ製品はこちらのサイトでご購入いただけます。

► オーブン用温度計
(レンタル有り):

オーブンの設定温度と実際の庫内温度に差があることは珍しくないため、必ず別途、オーブン庫内用温度計をご用意ください。オーブンをレンタルされる場合、温度計も同梱いたします。また、レンタル温度計と同じ製品はこちらのサイトでご購入いただけます。

► タイマー:

4分間のシューズ加熱時間を正確に測るために必要です。タイマーを使用する場合でも加熱中はオーブンのそばから離れず、庫内温度が90度に保たれるよう温度調節を行ってください。

► オーブンミットまたは軍手など

► 固定ローラー台に設置した自転車または椅子



以下の機器や手法はオーブンの代わりとしては利用できません。カーボンヒールを温める効果がない、またはシューズを損傷する恐れがあります。

► 電子レンジ

► ヘアドライヤー

► ヒートガン

► 直火



最後に、以下の点について十分ご留意のうえ、熱成形を行ってください。

成形は必ず足をシューズに入れた状態で行ってください。足を入れていない状態ではカーボンの柔軟性の限界を超えた力をかけてしまい、カーボンが破損する可能性があります。

成形は手の平や指の腹など「面」で行ってください。指先で押すことにより局所的に大きな力をかけるとカーボンが損傷する恐れがあります。

バキュームバッグは軽量レザーの繊維構造を破壊してしまう恐れがあるため使用しないでください。






 ■カスタムフィットカーボン(CFC)ヒールカウンターの熱成形手順

オーブン、オーブン用温度計、シューズなど必要なものを用意します。

ローラー台と自転車を用意している場合はシューズにクリートを取り付けます。

シューズからインソールを抜き取ります。

オーブン庫内が摂氏90度になるようオーブンを予熱します。オーブンに内蔵のサーモスタットでは庫内温度を正確に90度に保てない場合があります。必ずオーブン用温度計を庫内に入れ、そちらで温度を確認してください。

弊社がレンタルしていますオーブン(アイリスオーヤマ製PFC-D15A)は下側の熱源のみご使用ください。また、温度確認は必ずオーブン用温度計を通じて行ってください。

また、アナログ温度計の針が上昇している時、針が指し示ている温度よりも実際の庫内温度は高くなっています(その逆も然り)。針がほとんど動かなくなったら温度計と庫内温度が合致しています。シューズを入れるのはこのように温度計の針が90度の目盛りで止まってからにしてください。

庫内温度が摂氏90度になったら、片方のシューズをソールを下にしてオーブン中段に置きます(レンタルオーブンの場合は下段にメッシュ板を設置してください)。この時、シューズのアッパーやパーツ(Boaダイヤルやレースなど)がオーブンの扉や庫内の壁に触れないように注意してください。

庫内が摂氏90度に保たれていることを確認しながら、4分後にシューズを取り出します。すぐさまインソールをシューズ内に戻し、足を入れます。

かかとをヒールカウンターの奥まで入れ、Boaダイヤルを軽めに締めます。成形するのはアッパーではなくカーボンヒールのみですので、ダイヤルをきつく締め込んでも意味がないばかりか、アッパーの革とカーボンソールの接着が剥がれる恐れがあります。

椅子に座った状態、または自転車のサドルに座り、シューズをペダルにクリップインさせます。カーボンヒールカウンター(下の画像の黄色エリア)を指や手のひらで均等の力で足に押しつけ、足の形に沿うように成形し、カーボンが冷えて固まるまで10〜15分間、なるべく立ち上がったりせず、じっと待ちます。

”LAKEカスタムフィットカーボン熱成形エリア”

成形はオーブンからシューズを取り出して1分以内に済ませてください。カーボンが固くなり始めてからも強い力をかけると、カーボンが破損する場合があります。また、成形は必ず足をシューズに入れた状態で行ってください。足を入れていない状態ではカーボンの柔軟性の限界を超えた力をかけてしまい、カーボンが破損する可能性があります。

ヒールが固まったらBoaの締め付けが適切か確認し、必要に応じて増し締めしてください。一般的なシューズよりも熱成形ヒールのホールド力が高いため、普段よりもBoaの締め付けは必要ありません。

固まったヒールに足に違和感を感じる箇所がある場合は、4〜10を繰り返してください(連続で行える熱成形は5回までです)。シューズをオーブンに戻す場合はシューズが完全に冷えてからにしてください(シューズが完全に冷える目安時間は15分です)。


変形する恐れがありますので、シューズが冷めるまではアウトソールのラバー部やトレッドを押したり引っ張ったりしないでください。




当ビデオはCX402のヒールカウンター熱成形を説明するものですが、シューズ加熱時間の
違い(CX402は5分、332シリーズは4分)以外は332シリーズも同じ手順です。